無料サンプル・試供品・お試しのレポート報告


レポート1

ネピア
 ・紙おむつ
 ・トイレットペーパー
申込日:08年7月2日
結果:待ち

■無料サンプルや試供品・お試しは得か?損か?

  2007年12月に試供品や無料のサンプル品ばかりを並べたお店が都内にオープンしました。SHOP内には、インスタントラーメンや冷凍食品・お菓子・洗剤・化粧品など日用品がところ狭しと並べられています。このすべての品が無料でもらうことが出来ます。ただ、誰でも入れるわけではなく、年間数百円の会費を払って会員になる必要があります。また1日にもらえる数には制限があり、1日1種類程度です。それでも格段にお得なので、毎日通う人も多く、会員になるにも制限があるようです。
  この例からも明らかなように、無料でもらえるサンプル・試供品・お試しは確実にお得です!!!

  しかし、日本人はこの無料の品物をもらうということに抵抗を感じる人も多いようです。お得を選ぶより、わずらわしいことはなるべく避けたいという気持ちが働くのでしょう。

■インターネットでの無料サンプル・試供品はどうなの?

  ネットにも無料サンプルや試供品は無限にあふれています。これらも基本的にはお得ですが、ネットでは簡単にウェブサイトが作れるので、信頼性に疑問があるものも多く存在します。私も一度、無料サンプルを応募したのに品物が全く送られてこなかったという経験があります。あれは一体なんだったのか・・・。
  個人の住所集めが目的だけならまだしも、食品や化粧品などは体に害にならないとも限りません。やはり慎重に越したことはありません。

  私が、ネットでの無料サンプル・試供品・お試しを利用する際に心がけていることは次の点です。
@名前の知られている大手の会社を利用する(森永・日清製粉・資生堂など)
Aあまりにもお得を売りにしているものには手を出さない
    (10,000円もするものが無料など)
B無料につられて、欲しくもないものに手を出さない
C本当に使いたいものを探すという気持ちですると、失敗が少ない

■ダイレクトメールは覚悟しておく

  業者もただ、無料でサンプルを配っているわけではありません。そこには目的があります。一番の目的は商品について知ってもらって商品を買ってもらいたいというものです。その他、アンケートに答えてもらって製品の使い心地をリサーチするという場合もあります。
  いずれにしろ、無料サンプルを利用した場合、その後ダイレクトメールで商品の宣伝が送られてくることくらいは覚悟しておく必要はあります。このダイレクトメールを極端に嫌う人もいますが、私などは、結構おもしろく拝見します。ゴミが多くなってしまい、エコ的には心苦しい気もしますが・・・。時々、電話がかかってくることもありますが、興味がない場合、丁重にお断りしましょう。(理由などをはっきり話すとそれほどしつこくはしません)

■他の人の感想をブログなどで調査しよう

  ネットで知ったサンプルなどを利用している人は、結構、その使い勝手などをブログに書いています。ブログもだんだん書くことがなくなってくるので、格好のネタになるのです。誰に読ませるという目的もないので、率直な、時に手厳しい意見も見られます。こうした情報も、マメにチェックして、本当にお得なものを選びましょう。・・・このサイトも参考にしてね。
  なお、このサイトで紹介している無料サンプルや試供品・お試しは、アフィリエイト(紹介することで広告収入が発生するもの)が多くありますが、これは、サイト運営者(私・・汗・・)の励みとなると共に、アフィリエイト会社の審査を一度通過することで、全くの無審査という危険を避けるためです。もし、利用してみて疑わしいと思う会社があれば、報告してください。皆さんの意見を集約して、安全快適な無料サンプル生活を楽しみましょう!!

  

inserted by FC2 system